1. ホーム
  2. 情報まとめ
  3. Fitbitスマートウォッチとトラッカーの違いと比較!できること一覧・おすすめ製品

Fitbitスマートウォッチとトラッカーの違いと比較!できること一覧・おすすめ製品

Fitbitスマートウォッチとトラッカーの違いと比較!できること一覧・おすすめ製品

日本でも人気が上昇している健康グッズ「Fitbit(フィットビット)」のおすすめ製品比較・紹介まとめです。スマートウォッチとトラッカーの違いや機能も紹介しています。購入を検討している方は参考にしてみてください。

Fitbitとは

Fitbitとは、腕に装着して、1日の運動やアクティビティ、歩数・距離・カロリー、健康状態、睡眠の質などの多くの情報を記録・管理するウェアラブルデバイスです。

Android/iOS向けスマホアプリと同期することで、Fitbitで記録したデータをグラフなどで閲覧できます。

FitbitはアメリカのFitbit, Inc.がしています。アメリカではApple Watch同様に人気が高く、日本でも最近人気になりつつあるデバイスです。

Fitbit, Inc.は2021年にGoogleに買収されました。アメリカの有名企業なので収集した個人データを外部に漏らしたりすることはなさそうです。

Fitbitスマートウォッチとトラッカーの違い

違い

スマートウォッチはアプリをインストール可能

スマートウォッチには専用アプリをインストールして、Fitbitの機能を拡張することができます。トラッカーにはない大きなメリットです。また、スマートウォッチにはAlexaやGoogleマップも搭載されています。

利便性が違う

画面サイズの違い・スピーカー/マイクの搭載の有無があるので、利便性が大きく異なります。

画面サイズが大きい方が情報確認や操作がしやすい。スピーカーがあれば音や音楽を聞ける。マイクがあれば音声アシスタントやいびき検出を利用できます。

バッテリー持ちが違う

スマートウォッチは画面サイズが大きく機能も多いのでバッテリーを消費しやすいです。バッテリー持ちは最大6日。

反対にトラッカーは画面サイズが小さく、機能も少ないのでバッテリーを消費しにくいです。バッテリー持ちは最大5日~10日(モデルによる)。

Fitbitの機能・特徴

できること一覧

モデルの種類によってできること・機能は少しことなります。

  • 心拍数の測定
  • 運動・エクササイズの記録
  • 歩数・距離・カロリーの記録
  • 皮膚電気活動(EDA)の計測
  • 血中酸素ウェルネスの測定
  • 推定睡眠時皮膚温の測定
  • 安静時の心拍数の記録
  • 心拍変動の記録
  • 呼吸数の記録
  • 睡眠スコアの算出
  • いびきとノイズ検出
  • ストレススコアの算出
  • 過去数ヶ月の健康データをPDF出力
  • スマホからの通知を表示
  • 時計機能
  • アラーム機能
  • Bluetooth®通話
  • Alexa
  • Googleマップ(近日対応)
  • Suica
  • スマートフォンを探す機能
  • Spotify
画像1
画像2
画像3
画像4
画像5
画像6

便利な機能

心拍数の変化を記録

心拍数はFitbitの待ち受けに常時表示され、リアルタイムで自分の心拍数を把握することができます。リアルタイムの心拍数を知ることで現在の自分の体調も知ることができます(例えば、座っているだけなのに心拍数が高いと数時間後に動悸や熱中症などの症状が出る可能性があります)。

また、安静時の心拍数というものも毎日記録してくれます。安静時の心拍数が低いと自分は健康だと認識できます。逆に高いと運動不足、ストレスが溜まっている、アルコール取りすぎ、カフェイン取りすぎなどの理由が考えられます。

スマートトラッカー機能

ウォーキング・ランニング・スイミング・有酸素運動などが15分以上続くと自動的にエクササイズとして認識し、記録してくれます。

自動認識でなくても、手動でエクササイズを記録することができます。手動で記録すると、GPSで移動ルートや移動ペースなども記録してくれます。

睡眠の質を記録

寝るときにFitbitを着用して寝れば睡眠データを記録してくれます。就寝時刻・起床時刻、レム睡眠・浅い睡眠・深い睡眠などを自動で分析してくれます。

睡眠の質は健康に大きく関わっているため、現在の状態を把握することは重要です。

Fitbit主要製品の比較

モデルごとの価格や機能の比較です。

モデル価格タイプ詳細心拍数
の測定
GPS
の搭載
エクササイズ
記録
歩数・距離
・カロリー
血中酸素
ウェルネスの測定
安静時の
心拍数
推定睡眠時
皮膚温センサー
睡眠スコア皮膚電気活動
(EDA)の計測
ストレス
スコア
Bluetooth
通話
スマホの
通知表示
Alexa
の搭載
Google
アシスタント
Google
マップ
Suicaバッテリー
駆動
画面
Sense 232,800円スマートウォッチAmazon近日対応-近日対応6日カラー
Versa 427,800円スマートウォッチAmazon--近日対応-近日対応6日カラー
Charge 519,800円トラッカーAmazon-----7日カラー
Luxe16,800円トラッカーAmazon--------5日カラー
Inspire 312,800円トラッカーAmazon--------10日カラー

Fitbitアプリの対応OS

Fitbitデバイスの利用にはスマホアプリが必要です。対応OSはAndroid 10 以降、Apple iOS 14 以降となっています。

公式によると、Huawei P8 Lite, Huawei P9 Lite , Xiaomi Mi 6 , Huawei P20 Lite は正常に動作しない場合があるとのこと。

Fitbitおすすめ製品

Fitbit Sense 2

センス

最大6日間のバッテリー持ちを実現したFitbitスマートウォッチ。スマートウォッチタイプの最上位モデルなので、スマートウォッチタイプを購入するならSenseシリーズがおすすめです。

Sense 2は健康状態・エクササイズ・睡眠の質・ストレスを詳細にFitbitの最新技術でトラッキングできます。cEDA(継続的皮膚電気活動)センサーは、体がストレスを感じている兆候を検知してくれます。

また、Alexaが搭載されているため、音声操作も可能。Googleマップにも対応予定でスマホを見ずにナビが可能となっています。

発売日2022年9月
参考価格32,800円
購入Amazon(予約開始日は不明)

Fitbit Charge 5

チャージ

最大7日間のバッテリー持ちを実現したFitbitトラッカー。トラッカータイプの最上位モデルです。

Charge 5は健康状態・エクササイズ・睡眠の質・ストレスを十分にトラッキングできます。皮膚電気活動センサー(EDA)でストレスレベルを知ることも可能です。

GPSが搭載されているため、スマホを持たずにランキングやウォーキングなども記録できます。また、キャッシュレス決済のSuicaにも対応しています。

発売日2021年8月
参考価格19,800円
購入Amazon

Fitbit Inspire 3

インスパイア

最大10日間のバッテリー持ちを実現したFitbitトラッカー。Inspireシリーズは、ウェアラブルデバイスの入門端末としても人気があります。

Inspire 3は健康状態・エクササイズ・睡眠の質を十分にトラッキングできます。ストレス状態は簡単に把握できます。十分すぎる機能が搭載されており、価格は比較的安いのでおすすめです。

GPSは搭載されていないため、ランキングやウォーキングなどを記録する時はスマホと接続して、スマホのGPSを利用する形になります。

発売日2022年9月15日
参考価格12,800円
購入Amazon(予約受付中)
おすすめ
【Suica対応】Fitbit Charge 5 トラッカー ブラック/グラファイト [最大7日間のバッテリーライフ/GPS搭載/スマートウォッチ]
健康グッズ
おすすめ
Anker Soundcore 2 (12W Bluetooth 5 スピーカー 24時間連続再生)【完全ワイヤレスステレオ対応/強化された低音 / IPX7防水規格 / デュアルドライバー/マイク内蔵
Bluetoothスピーカー
関連記事
暇時間アプリは、暇な時間や空き時間に時間をつぶせるおすすめアプリを紹介しているサイトです。AndroidやiOSの人気ゲーム、便利アプリ、おすすめアプリ、定番アプリなどの情報を提供しています。