楽天市場:お買い物マラソン ポイント最大43倍
  1. ホーム
  2. ニュース
  3. Webサイト&アプリのユーザー数ランキング2020が発表!日本での人気サイトはGoogle

Webサイト&アプリのユーザー数ランキング2020が発表!日本での人気サイトはGoogle

Webサイト&アプリのユーザー数ランキング2020が発表!日本での人気サイトはGoogle

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズ、2020年1月~10月のWebサイトのアクセス数、スマートフォンのアプリの起動数を調査した結果を報告しています。

アクセス数の多いウェブサイト2020

2020年、最も多くのユーザーがアクセスしたWebサイトは検索エンジンの「Google」が1位となったようです。2位には大手通販サイトの「Amazon.co.jp」、3位は「楽天市場」がランクインしています。トップ3については2019年の調査と変動がありませんでした。

4位には動画配信サービス「YouTube」がランクイン。前年比110.4%と顕著な増加を見せています。外出自粛期間中に、YouTubeコンテンツを楽しむ人が多かったようです。

また、外出自粛期間中に需要が増加したことにより、20位に宅配便「ヤマト運輸」がランクインしました。さらに、在宅勤務やリモートワークの増加が影響していると思われる「Google Docs」が26位にランクインしています。

人気サイト

利用者の多いスマホアプリ2020

スマートフォンのアプリについては、2020年1月~10月の起動ユーザー数を調査することで、“実際によく使われているアプリ”がランキングで報告されています。

上位にはSNS、通販アプリ、電子マネーアプリが多数ランクインしたようです。

2020年、最も利用されていたアプリは「LINE」でした。前年比は94.3%と昨年をやや下回るものの、2位の「Twitter」には大差をつけています。「Instagram」は前年比109.1%と3位に入る健闘をみせ、トップ3はいずれもSNSのアプリとなりました。一方、「Facebook」は8位で前年比90.1%と若干マイナスになっています。

5位には「PayPay」。前年比154.6%と上位30アプリの中でも最も高い伸び率を示しています。キャッシュレス決済サービスは、17位に「d払い」(前年比140.6%)、28位に「au PAY」(前年比117.9%)と、いずれも通信キャリア系アプリがランクインし、前年比も大幅増加。感染症対策で非接触決済の推奨も追い風となり、キャッシュレス決済アプリの利用が日常化している様子がうかがえます。

人気アプリ

関連記事
暇時間アプリは、暇な時間や空き時間に時間をつぶせるおすすめアプリを紹介しているサイトです。AndroidやiOSの人気ゲーム、便利アプリ、おすすめアプリ、定番アプリなどの情報を提供しています。