1. ホーム
  2. 情報まとめ
  3. 2021年版 スマホMNO/MVNOの格安プランを比較!2000円以下でコスパの高い料金プラン

2021年版 スマホMNO/MVNOの格安プランを比較!2000円以下でコスパの高い料金プラン

2021年版 スマホMNO/MVNOの格安プランを比較!2000円以下でコスパの高い料金プラン

スマホのモバイル回線をあまり利用しない方向けに、コスパの高い格安プランをMNOキャリアとMVNO業者から探してみました。

比較対象のプランについて

  • 音声SIMが対象。
  • データ容量が約3GBのプランが対象。約3GBのプランがない場合は3GB以上で3GBに近いプランが対象。
  • 約1,800円(税込)以下のプランが対象。

簡単比較

楽天モバイルmineoUQモバイルOCN モバイルIIJmioBIGLOBEモバイルイオンモバイルnuroモバイル
回線楽天docomoaudocomodocomodocomodocomodocomo
月額1078円1518円1628円990円1078円1320円1298円792円
容量3GB5GB3GB3GB4GB3GB3GB3GB
国内通話かけ放題
(Rakuten Link)
11円 / 30秒
(mineoでんわ)
22円 / 30秒11円 / 30秒
(OCNでんわ)
22円 / 30秒10円 / 30秒
(BIGLOBEでんわ)
11円 / 30秒
(イオンでんわ)
22円 / 30秒
繰り越し×翌月まで翌月まで翌月まで翌月まで翌月まで翌月まで翌月まで
テザリング0円0円0円0円0円0円0円0円
初期手数料0円3300円3300円3300円3300円3300円3300円3300円
SIM発行料0円440円0円434円434円434円0円440円
MNP転出料0円0円0円0円0円0円0円0円
契約解除料0円0円0円0円0円1000円
(約12ヶ月以内)
0円0円
メリット月額も手数料も安い顧客満足度1位
(MVNO)
auのサブブランド回線通信品質1位
(MVNO)
キャンペーン多めキャンペーン多めプランが豊富月額料金が安い
デメリット改悪の可能性あり初期費用が発生初期費用が発生初期費用が発生初期費用が発生手数料が発生初期費用が発生初期費用が発生
公式サイト 楽天モバイル mineo 【UQモバイル】 OCN モバイル ONE IIJmio BIGLOBEモバイル イオンモバイル nuro mobile
備考4月1日から提供2月1日から提供2月1日から提供4月1日から提供4月1日から提供4月1日から提供
※価格は全て税込です。
※プラン内容は予告なく変更されている可能性があります。

おすすめ格安プランの紹介・比較

楽天モバイル

楽天モバイル

現在注目を浴びている楽天モバイルは他社のプランよりもメリットが多いように思えます。

1GBまでならプラン料金は0円という破格ぶり。Rakuten Linkアプリを使えば、国内通話も0円になるという他社にはないプランとなっています。

Rakuten UN-LIMIT VIは4月1日からの提供ですが、300万人が対象の1年無料キャンペーンが現在提供されていますので、無料キャンペーンが実施されているうちに加入するという人も多いようです。

デメリットは楽天回線ということです。Rakuten UN-LIMIT VIでは、パートナー回線エリアは5GBまでとなります。5GBを超えると最大1Mbpsでの通信となります。

また、楽天回線エリアの人口カバー率が高まった都道府県では、パートナー回線の提供が段階的に終了します。

公式サイト:楽天モバイル

mineo(マイネオ)

マイネオ

mineo(マイネオ)は、MVNOサービスの老舗で高い顧客満足度を維持している業者です。月額費用、プラン内容、回線品質と全てのバランスがいいため、昔から人気のある業者です。

3GBプランはありませんが、5GBプランが比較的安く提供されています。5月31日までなら、月額基本料金が3ヶ月330円(税込)で利用できるキャンペーンも実施されています。

デメリットは、初期費用が発生し、MNP転出費用も発生することです。

公式サイト:mineo

UQモバイル

UQモバイル

UQモバイルはauのサブブランドのため、他社のMVNOよりも高速・安定した通信ができます。なので、mineoよりは料金が高めですが、回線品質はUQモバイルの方が高いと思われます。

2月1日からプランが値下げされ、最大1万円のキャッシュバックキャンペーンも実施されていますので、今ならお得に契約できます。

デメリットは、初期費用が発生することです。

公式サイト:【UQモバイル】

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONEは、docomoのサブブランドとまではいきませんが、NTTコミュニケーションズが運営していますので、比較的高い回線品質を利用できます。そのため、MVNOのdocomo回線通信速度2期連続1位を獲得しています。

Amazon MusicやSpotifyなどの音楽サブスクが通信容量カウントフリーで利用できるのも嬉しいかもしれません。

デメリットは、初期費用が発生することです。

公式サイト:OCN モバイル ONE

まとめ

関連記事
暇時間アプリは、暇な時間や空き時間に時間をつぶせるおすすめアプリを紹介しているサイトです。AndroidやiOSの人気ゲーム、便利アプリ、おすすめアプリ、定番アプリなどの情報を提供しています。